プロフィール
    

   
こころのアートスタジオ・アクラ主催
  カウンセラー 山村一史

三鷹で、こころのアートスタジオ・アクラを主催している山村と申します。
子供の頃から、積み木やレゴや鉄道模型で部屋一杯に街を作るのが大好きでした。これが講じてか、社会人になって20年、街や施設を企画デザインする仕事に従事。たくさんの施設を作ることができました。いまでも日曜大工や工作となるとすぐに夢中になってしまいます。
 
一方で、中学生の頃から考え始めたのは、「人はなぜ生きるのか?」「どうしたら誰もが能力を自在に開花させられるのか?」この思いもまた次第に強くなり、30代の週末はカウンセリングを学ぶことに夢中になっておりました。
 
結局、人生の謎は解けないままではありますが、50代にもなりますと、「とにかく人の生き方は千差万別。それこそが自然なのだ」などと思うようになる昨今です。
 
しかしながら、誰の中にも大きな可能性があるのは事実です。ですからどんな「ひな鳥」に生まれるのかは、本人の問題としても、せめて卵を暖めたり、殻を破る力をつける場面で、お手伝いできることがあったらいいなと日々思いを巡らせている次第です。
 
アートにおいても「どうしたら上手になるか?」という視点には興味は向かわず、
  ・どうしたらアートで気持ち良くなれるか?
  ・どうしたら自在感を発揮できるか? などの視点に興味が向いてしまいます。
 
イメージ描画法もまた、これと同じです。「どう生きるべきか?」を押し付けることなく、本人自身からより良く生きるために必要な「ひらめきやエネルギー」を引き出していく。 そういう視点や狙いから生れた技法です。
このようなカウンセリング技法の開発に携われたことは、大きな喜びであり、共に研究することができましたクエスト総合研究所の柴崎先生には心より感謝しております。


得意なこと        日曜大工 & 工作  身の周りに必要なツールの発明
                ものごとの仕組みを考えること
                悩みを「図解」するのも得意です
苦手なこと         記憶の維持(特に固有名詞)・取説を読む
良く知っていること  自宅介護や介護用のリフォーム 
神秘体験         レイキで夢がハイビジョンオールカラー化になる