こころの力になる「創作意欲」をアートで高めましょう!

●誰でも簡単に、そして楽しく取り組める「パステル描画」 

 
  

 

パステル描画は初めて体験する方でも、自分の「創造性のパワー」に出会える素敵なアートです。 アクラでのお勧めは、小型の画用紙やケント紙に、パステルの粉を振り落とし、それを指やコットンなどでこすり付ける技法です。
 
中でも一番のお勧めは「何も決めない描く!」
 
その日その瞬間の気分に従って、思うままに色を塗り重ねていきましょう。たとえばその日とても嫌なことがあって、その思いをすべてぶつけてみましょう。 自分としては、これ以上ないと思うような激しい色合いを使ったとしても、それが美しさを魅せてくれるのです。 このプロセスによって、自分への愛おしさや信頼感が高まっていくところが、パステル描画の大きな魅力の一つです!

 


<アクラのパステル  基本を学ぶ7つのステップ> 
  まずは7つの基本を順番に体験しましょう。 
 
●ステップ1(パステルの塗り方を楽しむ)
 

細かい粉を紙にこすりつける。粗い粉を指で叩くように塗る。好きな色や苦手な色にもチャレンジしながらパステルの基本を体験します。
 


 ●ステップ2(シンプルな風景画を描いてみる)

 

簡単な草花や空と雲の表現で、消しゴムの使い方を体験します。夕焼けの空も楽しんでみましょう。
 


 ●ステップ3(型紙を使ってみる)

 

葉っぱや花や金魚など、型紙ならではのシャープな輪郭を楽しみます。
 
 


 ●ステップ4 (感情を描いてみよう)
 

自分の感情を表現することで、感情に落ち着いて向き合えたり、嫌っていた感情を理解するような変化が少しづつ生まれてきます。 
 


●ステップ5 (紐やテープでデザインしてみる)

 

マスキングテープや麻ひもを使って、画面のデザインを楽しみます。
 
 


●ステップ6(紙を切ったり編んだり、再構してみる)

パステルで着色した紙を、ちぎって貼ったり、画像のように編み込んでみたり、また「しおり」を作るなど、作る感覚を楽しみましょう。
 
 
 


●ステップ7(曼荼羅を描いてみる)

 

「曼荼羅」を描くのはパステル描画の醍醐味の一つです。心が自然と無心になり、自分だけの美しいシンボルに出会えます。
 
 


<ステップの進み方>
7つのステップは、自分のペースで進めることができます。7回の参加で全部のステップを体験することが出来ます。 ステップ2を連続3回体験してから、次に進むなども可能です。 ただし1~7までの流れはお守り頂きます。
 
 <パステル描画の基本的なスケジュール>
開催日 火曜日 と 金曜日 
(開催の休止日などはホームページでお知らせします)
受付時間 昼の部 13時半~14時半(15時終了)  
     夜の部 19時半~20時半(21時終了)
                
LinkIcon←詳しい予定はこちら


参加費 1回1500円(材料費込み・お茶サービスあり)
内容  12~16cm前後の台紙に、2~3枚の
    パステル画を描きます。


    終了10分まえに、今日のテーマや描いてみた感想を
    一言づつ発表しましょう。ほんの一言でOK!


<予約方法>この「パステル描画」のみ、
       予約なしの当日参加が可能です。
       受付時間内にお越しください。

     ●お問合せはこちら→LinkIcon